イーキャピタルの口コミ評価は!?
性病の症状や治療法を紹介します!
目次

インターネットでは投資顧問会社を評価するサイトがたくさんあり、調べてみるとイーキャピタルについての低評価が目立ちました。
しかし、一方でイーキャピタルによって利益を上げられたとする投資家の意見も混ざっています。
そもそも、インターネットの大半は匿名の書き込みなので、情報の真偽は確かめようがありません。
古い情報に踊らされている人もたくさんいます。
そこで、イーキャピタルの評価がどれだけ正しいのかを調べてみました。

イーキャピタルの口コミ評価とは?

インターネットの口コミでは「イーキャピタルに偽の情報を教えられた」「イーキャピタルは料金が高すぎる」などの良くない評価が目立ちました。
しかし、これらの意見をよく読むと具体性を欠くうえ、実際の利用者とは思えない文章が含まれています。

インターネットの口コミを確認する男性イーキャピタルについての良くないうわさは、すべてに信憑性が高いとはいえません。
考えられるのは「サクラを使ったステルスマーケティング」という可能性です。
投資顧問会社は評判が命です。そこで、自社の評価を高め、他社の評価を貶めるために口コミを利用している会社は後を絶ちません。
サクラによってネガティブキャンペーンを展開し、ライバルの妨害をしている競合他社がいるのは否定できないでしょう。

そして、信憑性のない情報であっても反応してしまうネットユーザーはたくさんいます。
彼らの多くは投資について知識があるわけでも、イーキャピタルの実態を知っているわけでもありません。
ただ、拡散された口コミを読んで「どうやらイーキャピタルというひどい会社があるらしい」との正義感に駆られてしまうのです。
そして、彼らがうわさに尾ひれをつけて、さらに拡散させている可能性があります。
インターネットの評判は鵜呑みにするにはあまりにも危険なので、自分の目で確かめた情報を重要視しましょう。

イーキャピタルの営業停止処分の真相

イーキャピタルの営業停止処分について話し合う人たちイーキャピタルについての低評価の根拠として「行政処分によって営業停止された過去がある点」を挙げるネットユーザーもいました。
イーキャピタルの営業停止は事実であり、2016年、金融庁より勧告を受けています。
原因となったのは見込み客に対して送った勧誘メールの内容でした。
メールの文中にイーキャピタルは「当社だからできる」「極秘情報」などのフレーズを用いたため、「誇大広告」「虚偽報告」に該当するとの判断が下されたのです。
行政処分を受けたイーキャピタルは、一定期間の営業停止の後、業界に復帰しています。

実は、営業停止処分を受けた後、そのまま倒産してしまう投資顧問は少なくありません。
なぜなら、業務改善が認めなければ営業再開できませんし、再開できたとしても投資家からの信用を失ってしまうからです。
営業再開にこぎつけたうえ、現在にいたるまで活動を順調に行えていることが、イーキャピタルに問題がない何よりもの証といえるでしょう。

そもそも、当時の基準では問題視された勧誘文の内容でさえ、多くの投資顧問会社が行っていた広告と大差はありませんでした。
真実でない広告だったのは事実ですが、いわば「言葉のあや」であり、詐欺を故意に働いたわけではありません。
また、多くの口コミを調べましたがイーキャピタルを利用していた顧客は営業再開後、すぐに戻ってきているという人も見受けられました。

悪質投資顧問会社に該当するの?

投資顧問会社の中には悪質な業者が紛れているのも事実です。
こうした悪質業者を見抜くためのチェックポイントはいくつかあります。

まず、金商番号の登録なしに営業している点です。
金商番号は政府から認められた業者だけに割り当てられる番号です。
つまり、番号のない業者は発言の信憑性、実績ともに欠けているといえます。

また、悪質業者は住所を公開していないうえ、電話番号も携帯というケースもあるでしょう。
これは、オフィスを持たずに投資顧問会社としての営業体制が整っていない証拠です。
電話がかかってきた相手に対し、適当なアドバイスを送って料金だけ請求してくるのが常套手段です。
ただし、住所がつかめないので特定が難しく、処分を逃れている傾向があります。

イーキャピタルはこれらのネガティブな条件にあてはまりません。
契約者に対して誠実な対応を続けており、業界での評価を確立しています。
インターネットでの悪評は的外れなものが多く、しかも10年以上前の業務停止処分を唯一の根拠としている人まで混ざっています。

投資顧問会社と契約するなら、現時点で有能かつ健全な相手を見極めるのが不可欠です。
イーキャピタルは悪質業者とは違い、投資家を育てて自分の頭で考えられるように導いてくれる、理想的な投資顧問会社なので、おすすめです。